Wishくん本第13巻、届きました~

Wishくん本第13巻、届きました~嬉しい重みです!!!
ワーイ \(^_^)/ ワーイ \(^_^)/
この季節に、この表紙の感じも
最高に素敵です☆
一緒に航海している気分です♪

2017072006460000.jpg

現在、ドンさんは366さんでの個展中にもかかわらず
早々に発送下さいました。もう感謝しかありません。
ドンさんの手描きで書かれた
御予約者の皆さんのお名前、私には立派に作品です。
ドンさんには、お手数お掛け致しましたが
そのドンさんのお心遣いが、皆さんの宝物になること間違いなしです!!!
本当にありがとうございました!!!

御予約頂きました皆さまにも 心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
お一人お一人のサインが入った
Wishくん本第13巻と共に、お待ちしております。
いつでもご都合の良い時にいらして下さーい。

私もこれから、大切に一頁一頁ゆっくり読ませていただきます♪
超楽しみです(*^O^*)

新しいBIRTHDAYCARDも新鮮で
ホントいいですね~
こうして進化し続けるのですね!
ドンさん、格好いいな・・・

2017072006430002.jpg

2017072006430001.jpg

2017072006430000.jpg

2017072006440000.jpg


それから7/23(日)pm4:00~
ちらっと歌わせて頂きます。
恐縮ですが、通常オーダーはpm3:30までとさせて頂きます。
一人で作ったり、歌ったりなので
どうぞ御了承下さいm(_ _)m
いろいろと不手際が発生すると思いますが
御理解、御協力、頂ければ有難いです。
椅子が客席の12脚のみなので
携帯できる椅子などお持ちの方は持参頂けると助かります。
やる前から注文&言い訳ばかりでスミマセン。
仲間内で歌う感じで、ラフにやりたいと思っています。
皆さんもどうぞお気軽にいらして下さい♪



スポンサーサイト

海のふたが歌う日②

海のふたblogでも、ちらっとお話しさせて頂いていましたが、
なぜか、今、青春時代に聴いたyumingの世界が沁みるのです。
そんな私の気持ちに賛同下さった 白石めぐみさんのピアノで数曲、
歌わせて頂きます。
都合が宜しければ是非お立ち寄り下さい。

2017.7.23 日曜日
予定16:00頃~(ワンオーダー)

「海のふたが歌う日」を今後も定期的に開催する為の
応援貯金箱も置かせて頂きます。
ご負担にならない程度のご協力を頂ければ有難いです。

PDR_0138.jpg

前回合わせた時に白石さんが弾いてくれた
ノーサイドの前奏・・・聴き入ってしまった・・・泣きそうになった・・・
白石さんのご協力に背中を押されます!
私はひたすら発声、発声、頑張ります!




ドンさんがかさまにやってくる!


さようならしたそのときから
いよいよ、私たちの住む街にも
ドンさんがーーーーーー!!!

wishくん(お願い事を絵にします)などに御参加頂いているお客様は
体感されていると思いますが、
まるまる愛でできている、
生き神様の様な・・・
そんなドン・カ・ジョンさんが「海のふた」に
遠路はるばる、来て下さいます。

私はドンさんを、よく、お客様に
「人間のぬいぐるみを着た 絵の神様」とお話します。
じわ~じわ~とドンさんを知って頂ければ
言ってる意味もきっと伝わると思います。

お願い事も、ドンさんにかかると、本人の想像をはるかに超えて帰ってきます。
こんなにも絵や言葉に力があったことを知り、
体温さえも感じられる温もりが はがき いっぱいに・・・
本物の温かさやユーモアに、魂が救われるのです。
大人になればなるほど必要な心の場所です。

残念ながら今回音楽会はありませんが
ドンさんとお話などして頂けたらと思います。

海のふたでの、
「さようなら」をしたそのときから、
もう「まちあわせ」ははじまっている巡回展スケジュールは
11月3日(金・祝)~23日(木・祝)
*3日~5日・ドンさん在廊予定
今後、詳細など決まり次第、お知らせ致します。

もちろん、WISHくんも投函できますので
大切なお願い事をもって
是非いらして下さい。

では「海のふた」で待ち合せしましょ。


夏の花
haruchan gardenより 夏の花 届く 美しい




7月のお休み

7月の休みは下記になります。
 3(月)、4(火)
10(月)、11(火)
18(火)
24(月)、25(火)
7/17(月)は祝日なので営業致します。
どうぞ宜しくお願い致します(*^O^*)

柏葉紫陽花


昨夜麻央ちゃんが
海老蔵さんへの想いを語る最期のインタビユーには胸が熱くなりました。
麻央ちゃんはもちろん 海老蔵さんの生き様にも。
「病気になって 誰とも共有できない苦しみ、悲しみ、どうしようもない思いを知って、
主人の歌舞伎役者としての孤独を 理解・・・というか、想像できるようになったのです。
主人は小さい頃から、誰とも共有できない苦しみとか 
どうにもできない大きなものを背負わされてきたんじゃないかなと思うんです。
そう思うと 病気をする前よりも ちょっといいパートナーになれるんじゃないかなと思うんです。
なので すごく思うのは役者 市川海老蔵を パートナーとして
支えられるチャンスを 神様 下さい と思うんですね」
どんな状況に置かれていても、お互いを思い合っていたお二人。
「主人は、現状に支配されてはいけない ということも教えてくれました。
彼と結婚したから 今こうして生きていられます。
彼じゃなかったら きっと心が死んでいた。」と語った麻央ちゃん。
海老蔵さんへの最期の一言「愛してる」は、たくさん愛してくれてありがとう・・・
という麻央ちゃんの想いも込められていた気がします。
病と闘いながらも、家族の力になりたいと願い続けた麻央ちゃんは、愛そのものでした。

麻央ちゃん

海老蔵さんも凛々しく神々しいです。
応援しています。



幸せは見えるところではなく・・・


こんな素敵なwishくんを持って来て下さったmegumiさん。
The Rose (ピアノ演奏)もプレゼントして下さいました。
素敵な音色に感動・・・何より嬉しい贈り物です。
ありがとうございました♪

幸せは見えるところではなく

小さな幸せが たくさん 見つかりますように。
〈幸せは見えるところではなく 気付かない所にある〉

足下の無数の幸せ・・・美しい絵ですね・・・
大切な気付きが この絵に 言葉に 集約されている気がします。



megumiさん、kimiyoさんと昨夜盛り上がった
yumingの古い楽曲たち。
時が経てば経つほど光輝くのはなぜだろう?
このyumingの世界を超える音楽に出会えないから・・・
いつか、この場所で、
megumiさんのお力をお借りして
憧れのyumingを歌えたらと思っております。



一人でやりきれない時によく砂浜を歩きました。
波が荒れていればいるほど、
悩むに値しない事と言われているようで
帰り道は気持ちが軽くなっていた記憶があります。
そんな思いも重なる一曲です。
「さまよいの果て波は寄せる」切なくもぐっときます。

nami.jpg


さまよいの果て波は寄せる~THE OCEAN AND I~
松任谷由実

泣いてかけてゆけばそこに きらめく海原
けれど受け入れはしなかった私の弱さを
沖をすべってゆく船と 足もとで遊ぶ犬と
風を切る鳥たちだけ 自由だった

夢中になれる何かが 明日へいざない
いつしか遠く旅したと あなたに告げる

いつも悩みをたずさえて 潮騒をきいた
けれど答えは得られぬまま朝焼けは終る
銀の雲間から差し込む光いくすじも見とれ
冬の日の冷たさを忘れてた

消えてゆかないくやしさが 私を導き
気づけばここへ来ていたと笑っていえる

言葉にない愛の 透き通る手紙を
海はよせてくれる 波にのせて

ああ 失うものはもうなんにもなくて
心静かな私がはじめて見える

夢中になれる何かがどこまでも導き
いつしか遠く旅したとこの海に立ち告げよう


hama.jpg

海は 時に厳しく 時に優しく・・・
父、母を おもう・・・




プロフィール

uminofuta

Author:uminofuta
マロンパフェのお店

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム