FC2ブログ

マロンパフェと海のこと

皆さんにも思い出の味、忘れられない味があると思います。
懐かしくて、ホッとして、心まで満たされてしまう味。
私が学生時代を過した頃の地元(高萩)には、個性豊かな喫茶店がたくさんありました。
どのお店にもナポリタンはあるけど、どこも同じじゃないみたいな感じ。
今思うと、あの頃の町は夢みたいにキラキラしていました。
町中の貸レコード店でアルバイトをしていた私は、行き交う人や
時間と共に移り行く景色を、店内から眺めているのが好きでした。
そんな時代と切っても切れない味がヨシカワのマロンパフェでした。
トッピングの栗を頬張るだけで、もう一瞬にして幸せに包まれたものでした。
その地元のお店は名前も、メニューも変わりました。

記憶を頼りにアレンジして、海のふたの看板メニューとして
大好きな笠間で、青春の味が復活致しました。
あの頃をまぶしく思い出しながら、一番食べたいと思っていたのは私だったのですね。
同じ高校に通い、同じ部活仲間だった同級生が次々に来店してくれています。
ヨシカワの味を知っていて、共に汗し、涙し、はじける様に笑い合った大切な友人達。
その仲間達からの「おいしい」は幸せをくれると同時に、
一瞬にして私達を高校生に戻してしまう魔法の言葉でした。
嬉しかった。ありがとう。

高萩の家の二階の窓、ベランダからは常に海が見えました。
お天気と共に海の色も変わって、その迫力と美しさに、自然の力に驚かされていました。
目の前に広がる太平洋、その水平線の向こうの行ったこともない国を思ったり、
海の生き物たちを身近に感じたりしていました。
夏は犬と散歩ついでによく泳いでいました。犬は砂浜での穴掘りも大好きでした。
波に遊んでもらっていると時間があっという間に過ぎました。

なんだか昔を懐かしむお婆ちゃんみたいですが、あの頃に戻りたい訳ではなくて、
この時間の経過が教えてくれた大切なものを、実感できた幸せを、
ただ大切にしたい。心身を育ててくれた故郷に感謝の気持ちも込めつつ。

学生の私をホッこりさせてくれたマロンパフェ(味)と、
毎日変わらず同じリズムで繰り返し打ち寄せる波に癒された海(場所)
そのふたつと、この先も歩いて行けたら・・・
他には何もない「海のふた」ですが
そんな味と場所を気に入って頂けたら、もう最高です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
お待ちしています♪♪♪

kuri.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

uminofuta

Author:uminofuta
マロンパフェのお店

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム