FC2ブログ

愛の中へ帰っていく


S__23142404.jpg


S__23142406.jpg

今日は、可愛らしい小さなお客様に
いっぱい幸せにしてもらいましたー
ありがとうございました!


.S__23142402.jpg

ドンさんの「愛の中へ帰っていく」
この絵の様な、温かい色に染まった
海のふたでした。



S__23142405.jpg

S__23142407.jpg

ドンさんファンの大人の皆さんも
一緒に栗になってくれて
ありがとで〜す!


S__23142410.jpg

kinominoさとみさん、手作りお菓子持って
ドンさんの絵観に来てくれてありがとね~
kinominoさんのお菓子は体が喜ぶ自然の味。
なかなかこの感じが難しいんですよね~
ごちそうさまでした(^^♪




スポンサーサイト



皆様に感謝です!


9月8日、海のふたが歌う日に御予約頂きました皆様
急遽お時間を作って御参加下さった皆様

演奏をして下さったキットカット+sisterMさん
Megumiさん

駐車場を御提供下さった前田さん、緑子さん

チャイマフィンを差し入れして下さった
きのみのさん

本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

お陰様で、御一緒した全ての皆様と
一つになれたような、そんな幸せな時間になりました。

海のふたが歌う日を素敵なトーク&演奏で
明るくスタートさせて下さったキットカットさん。
嬉しかったな~

お二人の息の合ったギター、
久保さんの透き通る軽やかな歌声によって
気付くと、歌の世界の中にいました。

S__22061061.jpg

SisterMさんのチェロは、そんなキットカットさんの
音楽を、より輝かせ縁取る額縁のようでした。
ギターと歌声の輪郭が
より素敵に際立つ、そんな感じがしました。


母の誕生日でもあった、今回の海のふたが歌う日。
8月に企画していた事も重なり、いのち、平和の尊さ
歌いたいなと考えていました。

戦争で親を失い、戦争孤児になってしまった
子供達にとっては、戦争が終ってからが
戦争の始まりだった・・・
なんて聞くと
両親や兄弟姉妹と暮せるということが
なんて幸せな事だったんだろうと
思い知らされます。

最後に歌った「いのちの歌」の
育ててもらえたこと・・・と、歌うたび
グッと、胸が熱くなりました。

今回、結構ギリギリまで新しい曲、追加追加で
megumiさんには大変御負担をお掛けしましたが、
私の気持ちに快く応えてくれて
いつも本当にありがとうね!
心より感謝致します!

S__22061060.jpg

歌い直したり、
歌いながら扇風機消したり
エアコンいじったり、
スミマセンでした。
ノドに違和感を感じると
その要因となりうるもの
見つけては調整していました。
何とかノドもってくれて良かったです。

音楽が好きです。
歌うことが好きです。
そして感動に出会いたいと
いつも思っています。

皆様のお陰で、そんな願いが
全て叶った時間でした。

私をそんな気持ちにして下さった
皆様の優しさが、とても温かくて
後半、
感極まってしまいました。

皆様にいのちの輝き
分けて頂きました。
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

2019091007140001.jpg


2019091007170001.jpg


2019091007220000.jpg

高萩から電車で
急遽駆けつけてくれた姉。
聴いてもらえて良かった。
帰りの電車が、台風の影響で不通だった為
高萩まで送って行きました。
と、言うことで、海にも元気に御報告!
海のふたが歌う日、
最高だったよー




キムホノさん


S__21250057.jpg


キムホノさんにお会いするなんておこがましい
と思いつつ、7/6にお会いして参りました。
風のようにお店に入ってこられて、涼しげなキムホノさん。
「大坊珈琲の時間」を読んで
キムホノさんのお言葉に、魂を強く感じていたので
言葉を発する前に、涙が溢れてどうすることも出来ませんでした。
目の前にいらっしゃるのに幻を見ているようで、
胸がいっぱいになってしまいました。

そもそも、この素晴らしい本に出会えただけでluckyと思っていましたから。
点と点が繋がるように、ご縁が重なって、
読む機会に恵まれました。本当に有難いです。

お勧め下さったTさんは、きっと今の私の仕事に、生活に、
大坊さん、キムホノさんの存在が
間違いなく良い作用をもたらすこと
知っていたんですね。
その感性に心より感謝致します。


S__21250062.jpg


S__21250058.jpg


「大坊珈琲の時間」より抜粋
~大事なのは、何を求めているかわかっていること~

キム:
自分を通すための我慢は必要だと思うし、
それを乗り越えないと自分を通せないと僕は思うんですね。
やりたいことをやるのが自由じゃなくて、自由は獲得するものですよね。
その中にいろんなことがあるわけだし、それを乗り越えて、初めて自由を得る。
だから、誰もやりたいことだけやって我慢は何もしていないって思っていないし、
そういう風に思っている人がいたら、阿保ですよね。
いちばん大事なのは、自分が何を求めているかがわかっていることだと思う。
目指しているものがあれば、余分なものはなくてもいい。
それに向かって進んでいく過程の中で、必要なものは自分で選んでいくんですよ。
いろんな知識があっても、自分が何を目指しているのかわからなかったら、
行きようがないじゃないですか。
行くところがわかっている人はいいんですよ。
それは喫茶店に限らず、人生もそうだと思うんですね。


S__21250054.jpg


S__21250055.jpg


キムホノさん、素敵な贈り物(本)を
ありがとうございます。
本物の豊かな出会いだけが
心に栄養を与えてくれます。

本当は、陶器林さんで
キムホノ展、開催中7/6-14に
upしたかったブログ・・・
何だか体調がずっと思わしくなく
今になってしまいました。
すっかり元気になりましたのでご心配なく。

「大坊珈琲の時間」は
陶・器林さんで購入可能です。
林さん(オーナー)セレクトの
素敵な器もたくさんあります。もちろんキムホノさんの器も。
是非、足をお運び下さい。

陶・器林
〒309-1626
茨城県笠間市下市毛861-5
0296-71-7978
10~18時OPEN、水曜日定休




おめでとう・・・

娘3

娘2

娘1

あぁ 君に贈る 言葉探し
眠れなかった
あぁ 思い出より あたらしい日々
美しくあれ

ここにいる人々
ここにいない友達も
きっと君の名前
呼んでいるだろう
その胸に 灯すだろう

おめでとうそれだけ
言えばあとはこみ上げる
たとえばあざやかな
夜明けのように
ただその風のように

あぁ 白い花が揺れて笑う
とてもきれいだ
あぁ 出会う不思議 愛する不思議
扉をあけて

そのひとを選んだ
人生がいまはじまる
誰もしあわせしか
いらないだろう
それだけを祈るだろう

しあわせのその日に
人はなぜ震えて泣く
あんなに輝いた
笑顔のあとで
こんなに愛されながら

そのひとと選んだ
人生がいま始まる
誰もしあわせしか
いらないだろう
それだけを祈るだろう

しあわせのこの日に
君はなぜ震えて泣く
世界でいちばんの
笑顔のあとで
世界に愛されながら


S__21200899.jpg

「ウエディング・ソング」斉藤和義
結婚式を7月20日に控えた
まどかちゃんに贈る歌♪


S__21200900.jpg

まどかちゃんに贈る絵は、don cajonさんの
Wishくんvol.8より
「俺と結婚してください」


海のふたがOPENして間もない頃から
お母さんと、一人で、お友達と、
何度も足を運んでくれたね。
いつも今に一生懸命で、自分に正直で
飾らない素直な言葉で話しをしてくれた。
その真っ直ぐさは、
ただ話を聞いているだけの
私の気持ちをもきれいにしてくれる様でした。
そんなまどかちゃんが愛おしくて、
ずっと一緒だった甥や姪とも重なって
どれだけ癒された事でしょう。
ありがとうね。

まどかちゃん曰く
「彼は、私にとって親友であり、恋人であり、
時にお父さんのような、不思議で、一緒にいて飽きない人」

そんな風に思える彼と出会えて良かったね!
ますます豊かな人生が待ってるよ!
本当に、おめでとう!!!





あいみょん


S__20160516.jpg

たまたま深夜の、洋ちゃん司会の、
SONGSがあいみょん特集でした。

特に興味はなかったけど、名前は知っていて
マリーゴールドという曲も気にはなっていました。
小さい頃から一番近くにあって、
家族みたいな花だから。

見ているうちにどんどん引き込まれていって
番組が終る頃には大好きになっていました。
「マリーゴールド」
「君はロックを聴かない」
2曲しか聴けなかったけど、よかった~

素敵な子じゃないの!
ものの見方、感じ方が好き!
そんな感性がストレートに歌になってるー!
カッコイイ!

あいみょん、24歳。
ぶっ飛ばしてってー!

「ハレノヒ」もいいね~♪
いろいろ聴きた~い!


S__20160517.jpg
花びら一枚一枚がベルベットのよう・・・
情熱的なイングリッド・バーグマン


S__20160515.jpg
やさしい き・い・ろ ゴールデングロー


S__20160514.jpg
海のふたは haruchangardenからの贈り物の
美しいお花達と共に
お客様をお迎えしていまーす!



プロフィール

uminofuta

Author:uminofuta
マロンパフェのお店

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム