FC2ブログ

2月のお休み


2月

2/12(月)建国記念日の振替休日は営業します。
皆様のお越しをお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。


1/27はお休みを頂いて
茨城県県北生涯学習センターに、
念願の「人生フルーツ」を観に行って参りました。
ただそこにはお二人の暮らしがあるだけなのに
たまらなく感動的でした。
今も、
お二人の声、
暮らしの中で生まれる音、
雑木林を吹く風の音、
心地良く響いています。

長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。
時間をただ消費して生きるのではなく、
時を重ねながら、
時をためて生きていく。
そんな信念を貫き生きているお二人の姿は、
年齢を感じさせない、はつらつとした たくましさがあります。
程良い距離を保ちながらも、親密さや初々しさまでも感じられる。
お二人の心の強さ、優しさは、この世に実在するとは思えないほど
神々しく、終始、心震えてしまいました。
「人生は、だんだん美しくなる」
そんな お姿を 観せて頂きました。


津端さん


「人生フルーツ」
機会がありましたら是非是非観て頂きたいです!!!

スポンサーサイト



雪、雪、雪・・・

予想を上回る大雪になってしまいましたが
皆さん、無事過ごされているでしょうか・・・

前回のblogでもお伝えしましたが、
都合により、明後日、1/27(土)は休みになります。
御迷惑をお掛け致しますが
どうぞよろしくお願い致します。
1/28(日)は通常営業です。お待ちしております。



雪かきをする前の様子です↓
IMG_0795.jpg


IMG_0797.jpg


IMG_0799.jpg
長靴でも足りない深さ・・・


IMG_0796.jpg
とてもサラサラした粉雪で、ぎゅっとしても固まらず
雪だるまは作れませんでした。
で、海のふたと書いて遊ぶ。


IMG_0806.jpg
haruchanに頂いた花を、雪の花瓶に挿してみたり・・・
雪にのびる影も、美しい花のまま・・・


IMG_0791.jpg
自然は、地球という大地を、
人間が作り出せない色に染めて、無言のメッセージをくれます。
感動であったり、時には試練であったり・・・
母なる大地があってこその人間の営み。
ただ暮らすだけで、何処で暮らそうと、学びがそこかしこに・・・





1月27日(土)、臨時休業


IMG_0775.jpg

都合により1/27(土)休ませて頂きます。
御迷惑をお掛け致しますが
どうぞよろしくお願い致します。




IMG_0778.jpg

今年初めての“おみくじさん”その番号は、
一、 でした。
1/11の今日、1番。1がスッキリ並んで気持ちいいね!

『あなたの居場所が見つかるでしょう
 居心地のよい
 心がふあっと落ち着くところ』

と書かれています。この言葉の魔法に温まる。
そして描かれている〈いす〉と〈くも〉にイマジネーションが広がる。




謹賀新年


遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様はどんな年末年始を過ごされたでしょうか?
お仕事だった方もいらっしゃると思います。
家族とのんびり過ごすことが難しい時代かもしれませんね。

東京から帰って来た姪が1/2を過ぎた頃、
「寂しいな~」とつぶやきはじめました。そして姉に
「家の温かさって、お母さんがいっぱい料理して、いっぱい洗濯して・・・
そんな繰り返しが作る空気なんだよ」と言っていました。
どんな現実と闘っているのか考えると切なくなり、同時に、
愛おしくてたまらなくなりました。
“かわいい子には旅をさせよ”とは良く言ったもので、
何を教えなくても、一人暮らしは成長させますね。。。

そして、初めて聴いた時、胸が締付けられた歌を思い出しました。
「帰省」  作詞、作曲 中島みゆき

遠い国の客には笑われるけれど
押し合わなけりゃ街は 電車にも乗れない
まるで人のすべてが敵というように
肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく
 
けれど年に2回 8月と1月
人ははにかんで道を譲る 故郷(ふるさと)からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる

機械たちを相手に言葉は要らない
決まりきった身ぶりで街は流れてゆく
人は多くなるほど 物に見えてくる
ころんだ人をよけて 交差点(スクランブル)を渡る

けれど年に2回 8月と1月
人は振り向いて足をとめる 故郷(ふるさと)からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる


IMG_0742.jpg
元旦の浜辺に集まる人々。

IMG_0762.jpg
初日の出を待つ、少年達のシルエットが絵になっている。

IMG_0764.jpg
そしてまん丸の日の出。

IMG_0765.jpg
日の出と姪のV。

2018010107400000.jpg
浜辺の砂も凍る厳しい寒さ。

IMG_0766.jpg
神輿渡御。

2018010107080000.jpg
担ぎ手達を暖めるための火。

2018010107090000~00001
皆に振る舞われる甘酒。


都会に疲れたら、いつでもこの海に帰っておいで。
そしてお母さんの手料理いっぱい食べさせてもらうといい。
かわいい姪と、大晦日から1/3まで過ごせて
充実した、いいお正月でした。


年越しそば
皆で食べた年越しそばは格別。






プロフィール

uminofuta

Author:uminofuta
マロンパフェのお店

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム